九州産業大学 ラグビー部へようこそ!

新着情報

2013年

12月

02日

入れ替え戦

日時: 12月7日 12;00キックオフ

場所: 福岡大学グランド

対戦相手: 九州工業大学

 

応援よろしくお願い致します。

0 コメント

運営方針・雰囲気・部員構成・得たい成果

【2013年 チームスタイル】

九産大ラグビー部 試合後の円陣
明日に向かって奮い立つ。

 

※特徴その1

多くの部員が大学で初めてラグビーボールに触れる。そして瞬く間にハマる!

 

クラブメンバーとして対等な立場で接し、ラグビーを極めるため、お互い協力し切磋琢磨・・・1年生から4年生まで全員がフランクな雰囲気を大切にしています。 (体育会系の上下関係はありません。)

 

目標実現に向け語り合い、共有し、困難を楽しむ

 

※特徴その2

僕らは学生主体でチーム運営を行なっています。

 

ミスプレーの非難ではなく、「どのようにしたら~実現できるだろうか」を常に考え、実現可能なプレーをアイデアラッシュ(様々な角度からアイデアを出す)し、PDCA(計画・実行・確認・改善)サイクルでチームビルディングを実践しています。

 

小・中・高と12年間学んだ、一つの正解を求めるスタイルではなく、僕らなりに知恵を結集し答えを創るやり方で、真剣に・おもしろおかしく・ハチャメチャ(=現状打破のこと)臨み、成長していく!

PDCAの展開で課題解決を図るチーム体質
PDCAの展開で課題解決を図るチーム体質

アイデア・創意工夫をこらしたブレストスタイル(批判なし)の未来志向ミーティングで、何か新しいこと(Something New)を生み出し、トライアンドエラー(試行錯誤)の連続でチームプレーを構築することがラグビー部運営の柱です。

5月実施のミーティング風景を再現

 

未来志向ミーティングでは、 進行役が「問題と思うことを、どのようにしたら劇的に○○できるだろうか?」と置き換えてアイデアを出しあう 先進的なスポーツチームが実施している、モチベーションを高めるミーティングスタイルを導入しています。

 

A部員「ラック状態から速く立ち上がり動きださないことが問題です。」

進行役「どのようにしたら○○できるだろうかに置き換えて発表して下さい。」

 

A部員「どのようにしたら速く動き出すことができるだろうか。」

進行役「劇的に、アット驚くような、日本一、誰もが羨む、圧倒的な、究極の、などパワフルな言葉で現状打破できるように、どのようにしたらの後にくつけて、もうひとひねりして、発表して下さい。」

 

A部員「どのようにしたら、忽然と消えるほど速く動き出せるだろうか。」

進行役「他の部員は2分で、アイデアを紙に書いて発表して下さい。」

 

部員からいろいろなアイデアがだされてあっという間に2時間が終了!

 

目標とする姿は、なんと【ゾンビ・ラガー】

ディフェンスの構えを呼び起こす合言葉は、「スリラー」に決定!

(あのマイケル・ジャクソンの、です!)

 

未来志向ミーティングで、僕らはスタンディングラグビーを更に深化させ、強固なものに創りあげていく。

 

未来志向ミーティングをMIRAI(Motivation of Innovation Rising Ace Invictus=変革を起こすモチベーションがとてつもない不屈なメンバーを育む)と名付けてチーム運営を行なっていきます。

 

徹底的にポジティブ志向でハンディ克服
徹底的にポジティブ志向でハンディ克服

なんでせんかったと?と訊かれると、言い訳を言いたくなりますが、どのようにしたら、○○できるだろうか、と訊かれた途端にアイデアや提案が湧いてきます。

 

これがブレストのすごいところです。

 

ラグビーに飢えた肉体を今日は試合で完全燃焼。
ラグビーに飢えた肉体を今日は試合で完全燃焼。

※特徴その3

学業が忙しく、毎日練習に来れない部員・学費を自ら捻出するために、試合のときしか参加出来ない部員もいます。

 

僕らにとっては、そんな学生こそ「ウエルカム!」です。

ラグビーがしたいけど、大学ではあきらめていた、ラグビー野郎!

    

人数が限られるために、【練習のための練習】ではなく、【試合で通用するスキル】を中心として効率的・効果的な練習がメインです。


 

「俺、週一しか練習できないけど、ラグビーしたい。」・・・と悩んでるなら今すぐ問い合わせてください。きっと僕らのラグビー部なら実現できます。

KSU CROWS
九産大ラグビー部のクラブマスコットです。

 

好奇心と向上心が未来を拓く!  

ラグビー経験なんかまったく必要ありません。

新入生はもちろん、

1年生のとき迷って入り損ねた2年生。

大学生活に夢中になれなくて、2年が過ぎた3年生。 

タマには痛いこともありますが
タマには痛いこともありますが

今年も新入生から在校生まで、多くの仲間が加わり、公式戦(九州大学リーグ2部)を戦い抜くために、いっしょに頑張っています!

 

上下関係のない、クラブ的雰囲気の中で、ラグビーだけでなく未来について、人生について、友情について語り合いながら、この1年を記憶に残るものにしましょう。

 

 

最後に。

ラグビーは、「正解より回答」を求められるスポーツです。

 

試合中はわずか0.1秒の局面の判断と、瞬間の取捨選択の決断力が全てです。

 

ラグビーを通し「思考より試行」によってスピード感ある課題解決能力を身につけ、「成功より成長」を続けるチームを目指します。

 

お問い合わせはこちらから
私達、新人マネージャーがお待ちしております。

運営の要 マネージャー

マネージャーの日高優沙です
マネージャーの日高優沙です

興味を持ってはいるものの、思い切って連絡できない方もいるのではないでしょうか。少しでも「九産大ラグビー」、またマネージャーに興味を持っている方は、是非、門を叩いて下さい。

マネージャーの仕事は、経理を始めイベントの企画・運営等、多岐に亘っています。また、日々の練習のビデオ撮影もマネージャーの大切な仕事のひとつです。ここで少しですが、マネージャーの仕事を紹介します。

  

どのようにしたら~できるだろうか?ミーティング
どのようにしたら~できるだろうか?ミーティング

 *春*

・お試し入部イベントの企画、運営
・練習試合の帯同
・商経大学ラグビー大会の準備・予約・各種手配
*夏*
・夏合宿の準備・帯同 
*秋*
・試合時の用具準備・ビデオ撮影
*通年*
・会計業務
・大学、ラグビー協会との窓口サポート
・練習のビデオ撮影
・プレーの分析・特徴・GAP発見・改善提案

選手のプレーや練習と直接関わることが多く、マネージャーの仕事は欠かすことはできません。

マネージャー、今日もありがとう。
マネージャー、今日もありがとう。

 

 マネージャーとして求めている人材は、学生スタッフとしての自覚を持ち、チームのために労を惜しまず、真摯に活動に取り組める人です。  

キャンパスで見かけたら声かけて!
キャンパスで見かけたら声かけて!

九産大ラグビー部には、やんちゃ・わがまま・きかん坊?!の素晴らしい仲間達がいます!

マネージャー業ははじめてだという人も心配はありません。

熱い大学生活を過ごしたい方、私、マネージャー日高優沙が球技場でお待ちしています!

練習見学・お試し入部は球技場へCome On!

進む
進む